王子神社(東京都北区)飛鳥山とともにかつての江戸の名所

王子神社神社・寺院

徳川将軍家の祈願所でもあった王子神社を紹介します。飛鳥山公園や名主の滝公園が近くにあります。

住所東京都北区王子本町1丁目1−12
アクセスJR王子駅(都電荒川線、東京メトロ南北線)徒歩2分
ぶら旅メモ王子は北区の中心地で飲食店やコンビニはたくさん
王子民の憩いの場サンスクエアはのぞきつつ公園散策も
関連リンク王子神社公式サイト

王子駅の喧噪を外れ静かに参拝

王子神社拝殿

ご由緒。鎌倉時代からその歴史を重ねた

鎌倉時代、豊島氏が支配する豊島郡の中で熊野の方向に臨む高台に王子大神を祀ったのがご由緒です。それが王子という地名にもなり今に至っています。

創建は詳らかではありませんが、源義家の奥州征伐の折、当社の社頭にて慰霊祈願を行い、甲冑を納めた故事も伝えられ、古くから聖地として崇められていたと思われます。その後、元亨2年(1322年)、領主豊島氏が紀州熊野三社より王子大神をお迎えして、改めて「若一王子宮」と奉斉し、熊野にならって景観を整えたといわれます。

王子神社公式サイト「御由緒

戦国時代には関東の覇者である北条氏からも寄進を受けたとか。

御神徳は開運除災と子育大願ほかたくさんです。子育大願については公式サイトに春日局と竹千代(後の徳川家光)に関するエピソードが紹介されています。

江戸時代は徳川将軍家の祈願所にして江戸の名所

王子神社全景

現在はひっそりとした存在ですがその昔はかなりイケイケだった様子です。

後に徳川家康公は社領200石を寄進し将軍家祈願所と定め、歴代の将軍の表敬厚く、八代吉宗公には元文二年飛鳥山を寄進し、王子権現の名と飛鳥山の花見は江戸名所として知られる。

東京十社会サイト 王子神社

高台の境内を落ち着いて散策できる

王子駅周辺は騒々しい雰囲気ですが王子神社境内は高台にあり広々して落ち着いています。

休憩スペースはないので座ってくつろぐことはできませんが心穏やかに散策できます。

王子駅を出て神社に行く手前には音無親水公園があります。飛鳥山の含めて桜の木がたくさんありますので桜の観れる春に行くと心がスッキリします。

音無親水公園はベンチがあり憩いの場になっているので一休みして佇んだりできます。

音無親水公園
王子神社境内手前の音無親水公園

御朱印受付は9時半から16時半です。初穂料は金額表記はなくお気持ちをいただくというスタイルです。まぁ500円出せば大丈夫です。

墨と朱の普通の御朱印に希望すれば「しぶさわくん」の印を押してくれます。渋沢栄一は北区ゆかりの人物です。

王子駅から徒歩2分でアクセス

王子神社公式サイトの地図が分かりやすい

王子駅から音無親水公園に向かってすぐの高台へつながる坂道を上ると神社があります。

公式サイトのアクセス地図を見れば神社だけでなく寄り道スポットの音無親水公園、飛鳥山公園、サンスクエアの位置関係がばっちり分かります。

寄り道して様々な乗り物を観て乗れる

路面電車とモノレール

王子駅周辺は交通マニア向けスポットが充実しています。

都内で唯一残った路面電車の都電荒川線、距離は短いながら無料で乗れるモノレール、静態展示中のSLが揃っています。

都電荒川線の王子駅前停留場

都電荒川線王子停留所

王子駅前停留場は都電荒川線の中心駅です。

10分も眺めていれば三ノ輪に向かう電車と早稲田に向かう電車を何本も見れます。

乗車方法は前方ドアから乗る際に料金170円を払い、目的地で後方ドアから降ります。

Suicaも利用できますよ。

電車に乗る前にホームで料金徴収している場合もあります。

あすかパークレール

あすかパークレール

王子駅前から飛鳥山の頂上までモノレールが運転しています。

なんと無料です

路線距離は48メートルだけが。

短いけどちょっと楽しいので王子に来たら絶対乗ることをおすすめします。

運転は通常期は10時から16時で花見シーズンには時間延長されます。

飛鳥山公園のSL

飛鳥山公園SL保存

飛鳥山公園の隅っこにD51が保存されています。

王子駅側から歩くと一番遠い端になりますが頑張って歩いてください。

横には都電6000系も保存されています。

そちらはワンマン化の際に東京都交通局から北区に譲渡された車両です。

更に王子駅周辺を寄り道したり東京十社に向かったり

王子を代表するスポット、それはサンスクエア

王子サンスクエア

サンスクエアは一昔前の繁華街には必ずあったボーリング場、ゲーセン、飲食関係の混合ビルです。

いまだにバッティングセンターなんかも営業中ですが、ファーストフード、ネットカフェなど今風の店もあります。

王子の地元民がなんとなく集まる場所です。

地元民の体で混じって食事を取ったりしてはいかがでしょうか。

サンスクエアから少し歩いた先にはお札と切手の博物館、飛鳥山公園の南寄りにも3つの博物館(渋沢史料館、飛鳥山博物館、紙の博物館)があります。

特にお札と縁を持ちたい人は渋沢史料館は外せません。

王子稲荷神社と名主の滝公園

王子駅に戻り京浜東北線に沿って北上すると王子稲荷神社と名主の滝公園があります。

名主の滝公園は滝の水音が心地よく、夏であれば必ず寄ってみてください。涼しいなりますよ。

東京十社めぐり

歴史と格式のある東京の十の神社を東京十社と言います。

神社の宣伝に乗せられている感がありますがそれぞれ参拝すると幸運が舞い込むかもしれません。

王子神社はその北端に位置する神社になります。時間があれば王子駅から京浜東北線を利用して神田神社、東京メトロ南北線を利用して根津神社や白山神社に簡単に移動できます。

神社毎に個別の記事があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました