日枝神社(東京都千代田区)社殿はコンクリートの丘の上

日枝神社裏参道 神社・寺院

日本の政の中心地に寄り添う近代的な神社です。

所在地東京都千代田区永田町2-10-5
アクセス赤坂駅(東京メトロ千代田線)徒歩3分
溜池山王駅(東京メトロ銀座線、南北線)徒歩3分
買い出し付近にコンビニは山ほどあるがスーパーの類はないなぁ
リンク公式サイト 東京都神社庁 東京十社めぐり Wiki

参拝情報

ご由緒はスパッと書きづらい

日枝神社拝殿

いついつ誰によって建立されたと簡潔にその歴史を書きたいところですが、この地の覇者とともに歩む中で今の姿に至っています。

日枝神社の歴史は鎌倉初期、秩父重継が江戸貫主を名乗り居館に山王社を勧請したことに始まる。文明年間には太田道灌が江戸城築城にあたり川越山王社を再勧請し、更に徳川家康入府以降、城内鎮守の神、将軍家の産土神と崇められ、紅葉山から麹町を経て萬治二年当地に移遷された。

日枝神社奉賛青年会の案内看板より

その境内は政治の中心である国会議事堂にほど近い小さな丘に穏やかにひっそりと構えています。

境内の規模は大きくはないですが、丘の上で街中の喧騒から隔離されつつも、周囲の開けた空には東京中心部の高層ビルが溶け込み、独特の雰囲気です。

ご利益は縁結びから商売繁盛まで幅広くありますが、多くの会社の安全祈願を担っています。お守りの中には防災お守りなんてのも

参拝にあたっては境内の開放時間にご注意を。朝6時から夕方5時までとなります。日中の仕事を終えてから駆けつけても境内には入れません。

日枝神社境内

3つの異なる風景に佇む鳥居

境内に至る鳥居は3か所ありますが、おもしろいことにそれぞれ景色が全然違います。

一つは丘の上へ続くコンクリートの広々した階段とエスカレータを背景に持つ鳥居。赤坂駅や溜池山王駅から向かうとこの鳥居にたどり着きます。

もう一つは赤坂見附駅から向かうとたどり着く左右をオフィスビルに挟まれた鳥居

三つ目は裏手にある鎮守の木々を従えた由緒を伺わせる鳥居。大通りの反対側にあるので裏手と表現しましたが拝殿に真っ直ぐ繋がっている表参道となるのはこの鳥居です。

日枝神社表参道

それぞれの鳥居を通って3回参拝してはどうでしょう。

アクセス情報

東京メトロの駅はあるけどJRの駅からは遠い

お好きな東京メトロの駅から徒歩でどうぞ。JR駅の最寄は四谷か新橋ですがいずれも徒歩でゆうに30分はかかるのでおとなしく東京メトロに乗り換えて向かましょう。

寄り道情報

首相官邸、国会議事堂、霞が関

神社の西方向(赤坂駅方面)には赤坂氷川神社が近くにあり静かで心落ち着く佇みスポットとなりますが、せっかく政治の中心地に来たからには東方向の国会議事堂に向かうことをおススメします。首相官邸の外壁沿いを歩いたりもできます。

その辺を観光して国会議事堂前駅や虎の門駅から地下鉄に乗って帰路につくとプチ旅の満足感が得られるでしょう。

日枝神社

コメント

タイトルとURLをコピーしました