赤羽駅ウォーキング(東京都北区)駅周辺のお店と馬鹿祭りとあれこれ

赤羽駅東口前広場街角

赤羽は駅周辺にコンパクトに区役所や多種多様のお店が集結していて便利です。東京で住処を探している方はウォーキングがてらお店を見てまわって住み心地をチェックしてみてはいかが。

駅周辺のお役立ちのお店一覧

住んで一番はじめに行くところは区役所と郵便局

赤羽駅南口から高架の下を歩いて3分のところに赤羽区民事務所があります。引っ越してきて楽に転入届を出せます。

郵便局は赤羽駅南口から徒歩5分。今はコロナで営業時間短縮中ですが、平常時はゆうゆう窓口が24時間空いていてゆうパックをいつでも取りにいけます。

生活必需品から趣味の品まで何でも揃う

赤羽駅には北と南に改札があります。買い物やお店巡りは北口改札から出てください。北口改札を出ると左に西口、右に東口があります。南口改札から出るとほぼ住宅街です。

西口イトーヨーカドー、アピレ、ビビオ
東口繁華街、文教堂談(大きめの本屋)
ダイソー(なんと5階建!)、西友、イオン
高架下を北へ角上魚類、スポーツオーソリティ
ビバホーム、ビバペッツ
休憩場所東口広場(ベンチや段差に座れる)
マック(東口にも西口にもある)
喫茶店友路有(東口に出て交番の隣り)
駅からかなりニトリ(徒歩25分)、ケーヨーD2(徒歩20分)
スーパーオートバックス(徒歩20分)

赤羽駅構内もエキュートや各種のお店があります。その辺は赤羽駅の鉄道路線と駅ナカ解説~今と昔と将来の赤羽駅にまとめています。

QBハウスが3軒(南口改札内、北口改札を出たところのNewdays隣接、北のビバホーム手前)あるのでちょっとした空き時間にさっぱりできます。

Googleマップで位置を確認

最近やっと使い方を覚えたGoogleマイマップでお店の位置をマーキングしたマップを作りました。

駅周辺のお店に加えて、かなり遠いけど赤羽八幡神社、旧岩淵水門、西が丘サッカー場(味の素フィールド西が丘)、赤羽体育館なんかもマーキングしました。マップ左上の矢印をクリックすると番号を付けた施設のリストが表示されます。

お店だけでなく遠くまでウォーキングすると赤羽の住宅街の雰囲気も感じられます。

これから先では赤羽駅の西、東、北、南の順にもうちょっと詳しくお店などを紹介します。東が一番繁栄していて4月に開催される馬鹿祭りも紹介しています。

赤羽駅西口(北口改札を出て左手)には各種ショッピングセンター

整然と並ぶショッピングセンター

西口のショッピングセンター

上の画像でイトーヨーカドーの右がビビオ、左がアピレです。大した喧騒もなく落ち着いて歩き回れます。ビビオにマックがあります。

ヨーカドーが日用品、ビビオとアピレはおしゃれ系と分かれますが、ヨーカドーと張り合っているアピレの食料品売り場は侮れません。

手前のバスターミナルは西が丘、東武成増駅、西武練馬駅に向けた路線バスが発着しています。

ショッピングセンターの向こうは住宅街。坂を登っていくと西が丘サッカー場

赤羽駅南口周辺案内看板

立ち並ぶショッピングセンターの間を抜けると住宅街でその先は上り坂になっています。

坂を上りつつ30分歩くと西が丘サッカー場(味の素フィールド西が丘)に到着します。サッカー場の横にはナショナルトレーニングセンターもあります。一般人には用の無い施設ですが。

西が丘サッカー場はスタンドとピッチの距離が近く観ていて楽しいスタジアムです。というかボールが普通に飛び込んでくるのでしっかり観ていないと危ない位です。なお、赤羽駅よりも都営三田線本蓮沼駅の方が近くそちらからだと徒歩10分位です。

赤羽駅東口(北口改札を出て右手)には広場と一番街と繁華街

赤羽駅東口バス停と広場

東口正面はピンクな繁華街

東口駅前はバス停留場とちょっとした広場になっています。バスは西新井、鳩ヶ谷、高円寺方面が発着しています。

広場の向こうにマツキヨやカラオケや居酒屋の看板が並びますが、奥に進むとラーメン屋などの飲食店に混じってピンクなお店があります。

ランドマークはキャバレーハリウッド赤羽店でしたが2020年12月に閉店して解体されてしまいました。(2021年5月現在、跡地にホテル建設中)

ハリウッド撤退の前から居酒屋などの飲食店が増えていて、ピンク繁華街から飲み屋街に変貌しつつあるゾーンです。

もう一つの飲み屋街。昼飲みの聖地といえば赤羽一番街

赤羽駅前一番街

東口を出て左手を見ると一番街の入口が見えます。

通りに入ると昼間でも混んでいる飲み屋がいくつもあります。店の軒先に「昼飲みの聖地赤羽」という看板がぶら下がっていたりします。

特別すごい飲み屋街ってことではありませんが、中が見えるように通りのドアを開放している店が多く、昼間から大勢が飲んでいる姿が自然に目に入ります。

赤羽のダメ人間吸引スポットです。ダメでない人は近づかない方が良いです。ダメに交わるとダメになりますよ。

赤羽らしいノンポリシーなお祭り馬鹿祭り

駅前を中心に4月に赤羽馬鹿祭りという頭の悪そうな祭りが開催されます。

赤羽民は愛着を込めてバカ祭りと呼んでいますが(それ以外呼びようがない)、その内容は遙か昔の初回開催時からいい加減でアバウトです。

1956年に地元の商店主達が4月のエイプリルフールにちなんで開催したのが始まりで、初期は参加商店主が何かに扮装していました。

赤羽馬鹿祭り公式サイト「赤羽馬鹿祭りとは」より

このノリは今も受け継がれ、楽隊パレードやマイナー芸能人ショーとかごった煮で歴史とか伝統とは無縁の混沌の祭りとなっています。

一番街と馬鹿祭りについて説明すると赤羽はえらく民度が低い場所に見えますが実際低いです。東口駅前一円は赤羽で一番猥雑なエリアとなります。一応フォローしておくと下町情緒ってやつです。

ランドマークはメッツビル

赤羽メッツビル

東口の歴史あるランドマークといえばメッツビルです。

東口から少し歩いた幹線道路沿いにあります。その昔はスーパー西友の旗艦店で屋上遊園地もありました。

今のメッツビルには談(文教堂)、ツタヤ、セガ、Diceが入っています。Diceは今風の完全個室の高級ネットカフェです。

談は赤羽民で行ったことがない人はいないでしょう。今でも地元に大きな本屋があると何かと助かりますよね。談以外の本屋としては駅の北口改札内にブックエキスプレスがあります。

メッツビルから北方向に5分歩くとブックオフ赤羽店があります。

更に進み幹線道路を渡るとすずらん通り

赤羽駅東口大通り

東口から少し歩いたところにある「すずらん通り」が赤羽の中心的な商店街になります。ララガーデンという呼び名もあり最近はそちらが定着してきました。

飲食店が多く途中に西友、端にはイオン(かつてのダイエー)があります。

上の写真で看板が見えていますが、その昔Laoxが入っていた5階建てビルがまるごとダイソーになっていて床面積を生かして凄まじい品揃えです。

100円ショップにあるかもと思ったものはほぼ確実にあります。買う物を決めずに行くと次々に見つかる便利グッズに気を引かれてえらく時間を食うので要注意です。

東口の歩き方

どこも人混みが激しくごちゃごちゃしていますが、適当に飯を食べ談で立ち読みしてダイソーをぶらつき、最後に旧岩淵水門まで歩いてみましょう(徒歩25分)。

荒川の土手でまったりしていると無駄に時間を過ごしたなぁという妙な充実感が得られますよ。

赤羽駅周りには有料自転車置き場が整備されていて、大体は当初2時間が無料なので少し離れたところに住んで自転車で駅周辺に買い物に行けるようになっています。

赤羽駅北口改札からまっすぐ北に向かうと穴場ビーンズ赤羽

ビーンズ赤羽

大規模ショップが集結

北口から直進し駅ビルを抜けて横断歩道を渡ると穴場のビーンズ赤羽。東口西口に比べると新参のショッピングスペースですが、スポーツオーソリティ、ビバホーム、ビバペッツとそれぞれの分野の大型店が並んでいます。

ビーンズにはドラッグストア、本屋、QBハウス、美容室イレブンカット、角上魚類もあり人通りが絶えません。

ぶらぶらした後は参拝や散策

施設が新しくキレイでどの店も快適にぶらぶらできます。ビバペッツは犬がかわいくアクアリウムも多数設置されていてとてつもなく癒されます。

ビバホームビーンズ赤羽店からは8の時の御朱印が人気の赤羽八幡神社西が丘まで延びる赤羽緑道公園入口まで徒歩7分です。来たついでに参拝や公園散歩もどうぞ。

赤羽駅南口。地味です

南口改札側も数は少ないですが餃子の王将、すき屋、居酒屋などの飲食店があります。

近くの住宅地の住民がほとんどですが、夜遅くキョロキョロしながら歩いていると日本語がやや不自由な女性から声をかけられます。北口には交番があるので南口が客引きエリアになっています。

南口を出て西に向かって5分歩くと稲付城跡があります。稲付城跡は静勝寺境内になっていて遺構もありませんが案内板を読んだりして赤羽の遙か昔の歴史に触れるのもありでしょう。

駅から離れると

ここまでで出てこない店としてはニトリ赤羽店とスーパーオートバックス。

ニトリは駅から離れていても激混みです。赤羽に住んだら車か自転車で行けばいいですが、赤羽駅東口から王子駅行きの都営バス王57系統に乗って「神谷陸橋」バス停がニトリの真ん前です。

赤羽にまつわる他の記事

赤羽のホテルやバス交通など地元の記事が他にもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました