赤羽緑道公園から赤羽自然観察公園(東京都北区)線路跡のある公園

赤羽緑道公園終点 城郭・公園

赤羽のかなりマニアックな公園の話。赤羽の西にはかつての線路の跡に長く延びる公園があり、その先には更に大きな公園があります。ついでに行くならあり。

かつて赤羽にあった線路とは

以前の記事に師団坂という言葉を書いていますが、赤羽は明治以来、軍の工兵隊が配置され、兵器、軍装を担っていた地域でもあったそうです。

そして戦後までそれら地域を結ぶ「東京兵器補給廠線」という線路が存在していました。

その細長い線路部分が赤羽緑道公園となっています。かつての軍都赤羽と補給廠線については下の記事がとっても詳しいです。

ついでに歩いてみよう赤羽緑道公園

赤羽緑道公園ルート

線路跡であることを主張するかのように歩道に二本線が引かれています。線路跡なので幅がなく遊戯スペースもないので人気はありません。寂しいもんです。

周りの景色も住宅が主で特徴はなく本当に何にもないある種つまらない公園なのですが、その先には自然観察公園があり、スポーツの森公園競技場があり、西が丘サッカー場があり、

それらに向かって歩いていると周りへの意識が薄れ、静かに物思いにふけることができます。考えることすら薄れて無心になることもできます。その先に着くまでの少しの間ですが。

赤羽駅から西が丘サッカー場はバスであっという間ですが、時間がある時にはこの公園を歩いて向うのはありと思います。

その先にある赤羽自然観察公園

赤羽自然観察公園
開園時間4月~ 9月:8時から18時
10月~3月:8時から16時半
門扉が閉まり開園時間外は入れません
休園日無し
利用料金無料
買い出し隣のスポーツの森公園の向かいにコンビニ

下の記事では結構誉めていますが、いかにも赤羽らしい整然さとは無縁の公園です。ごった煮というか。

自然保護地域がありそれを囲むように遊歩道がありますが保護地域は雑然としています。手入れ感はなく一体どこを観察すればいいのか不明ですが、でも自然なんてそんな雑然としたものということかもしれません。

松澤家という旧家の家屋が寄贈され移築されています。中に上がり展示をみたりしながら縁側で休憩することができます。

松澤家旧宅

バーベキューだのグラウンド(多目的広場)なんかもあります。

無心で佇む

一人で西が丘サッカー場に向かうなら赤羽駅から緑道公園を経てふらふらと歩いていくと心落ち着く感じになれます。途中、ベンチなど佇めるところはいくらでもあります。

アクセス

赤羽駅からちょっと北に向かいながら、左手側をみて先に続いてそうな広めの歩道みたいなところを探しましよう。そこが緑道公園の入り口です。よく見ていないと見落としますよ。

赤羽駅から自然観察公園まで徒歩28分です。

赤羽に過去に合ったもう一つの鉄道

鉄道というか路面電車が赤羽の東を走っていました。

現行の都電荒川線は三の輪から王子を経て早稲田まで運行していますが、かつては王子から赤羽に向けて走っていたそうです。

王子から赤羽は1972年に廃止され、現在は地上は都営バス王57系統、地下には東京メトロ南北線が走っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました