蒲郡競艇場(愛知県蒲郡市)全レースがナイター。競艇界のトップランナー

蒲郡競艇場全景スタジアム

競艇改めボートレースの未来観戦スタイルをイメージしてスタンドをおしゃれにリニューアル。ネット投票で競艇の売り上げは伸びるも車社会とJR東海の狭間で最寄駅の蒲郡競艇場前駅は水没寸前。

住所愛知県蒲郡市竹谷町太田新田1−1
アクセス三河塩津駅(JR東海道線)から徒歩7分
蒲郡競艇場前(名鉄蒲郡線)からも徒歩7分
関連リンクBOAT RACE蒲郡 Official Site

きらびやかなナイターを観覧

蒲郡競艇場ビジョン

ナイターで映える水面とキレイなスタンド

2002年にSGをナイターで初めて開催し2006年からは全レースをナイターで開催しています。2014年にはレジャースポットを思わせる新スタンドにリニューアルしています。

新スタンドの床は木目調で清潔キレイに保たれ気持ちよく観覧できます。

エコノミーでもリッチな特観席

1500円のエコノミーな特観席でも広くて快適です。

競艇場間でロイヤルとかプレミアムな特観席の豪華さを競っている一方、より多くの人が使う安い特観席は窮屈な机と椅子が横に並ぶ形のままがほとんどです。

ここ蒲郡のムーンライトシート(1500円)は、机にフードとドリンクを置いて予想紙も広げられて、椅子は独立したしっかりした造りになっています。

安い特観席でもゆったりとナイターのきらびやかな雰囲気を味わいながら投票できます。

eじゃんカード

場内で使えるキャッシュレス投票カードeじゃんがあります。

総合案内所で申し込んですぐにカードが発行されて、舟券購入200円で1ポイント付与、1000ポイント貯まれば1200円キャッシュバックされます。

浜名湖のはなまPo!は購入100円で1ポイント、1000ポイントで700円キャッシュバックで蒲郡はレートが劣るように見えますが、払戻しにも500円で1ポイント付くので舟券を当てまくる人はもうウハウハです。(自分のように外しまくる人はウハウハではありません)

カード会員になれば特観席を事前予約できる特典もありビッグレースの時に役立ちます。

蒲郡競艇場コース争い

蒲郡攻略法は1マークに目一杯突入する奴を狙う

ここの特徴は1マークを回った後の水面が広いこと。1マークを高速で回るレーサーに投票しておけば配当を得られます。

レーサーなら誰でも高速で回れるじゃん!と突っ込みたくなると思いますが、その中でもこいつは高速で行くだろうという奴を選ぶのですよ。それが1コースだったら大きく張るべし。

まぁやられたらグルメでも楽しんでください。グルメ案内でも押している名物の海鮮かき揚げ丼で腹を満たせば気が晴れます。

ATMはない

昔、ナイター開催なのに夜は閉まるというATMが場内にありました。この役立たずと思っていたらリニューアルでATMがなくなってしまいました。

お金を巻き上げるのは財布の中だけで勘弁してやろうという主催者の気配りなのでしょう。まぁコンビニで下ろすだけだけど。

アクセス情報

三河塩津駅から徒歩7分

最寄駅の三河塩津駅にはJR東海道線で豊橋駅から20分、名古屋駅から50分で到着します。駅から競艇場までは南口に出て一本道で徒歩7分程です。

ちょっと運動したいし買い出しもしたい場合は蒲郡駅で降りて徒歩でどうぞ。競艇場まで徒歩30分位です。蒲郡駅からは無料送迎バスが15分間隔で走っています。

無料駐車場がたっぷり。出遅れると遠い場所になる

メインスタンド横の駐車場は約400台止められます。そこからバックストレッチ側まで競艇場の周りにぐるりと無料駐車場があります。

車で遠征しても全く問題なしです。ただバックストレッチ側の駐車場からは三河塩津駅から歩く以上に歩く羽目になります。

蒲郡競艇場特観席から

隠された最寄駅、蒲郡競艇場前駅

公式サイトの交通アクセスページで、三河塩津駅から徒歩と蒲郡駅からバスの2ルートが絵入りで説明されていますが、絵の下に注釈があり「名鉄の場合「蒲郡競艇場前駅」から徒歩5分」なんて書かれています。

スタジアム名の入った駅が近くにあるのにアクセスルートとしては何故か注釈扱いです。蒲郡競艇場前駅は三河塩津駅と隣接していて駅から歩く時間は変わらないにもかかわらず。

そんな扱いは何故かというと「蒲郡競艇場前駅は名鉄蒲郡線の駅で不便で遅い」から。

名鉄蒲郡線は吉良吉田駅と蒲郡駅を結びますが日中1時間に2本しかありません。蒲郡駅でJRから名鉄に乗り換えるよりも無料送迎バスの方が本数が多くて便利です。

観戦後に名古屋に向かう場合でも蒲郡駅に出てJR東海道線に乗り換える手間がかかり、三河塩津からJR東海道線に乗る方が早いです。

今では廃線の話も出ているので鉄道好きを兼ねるギャンブラーは名鉄蒲郡線をぜひ使ってください。しかし本当に不便なんだよね。

寄り道情報

競艇好きなら浜名湖競艇一択

一番に思いつく寄り道スポットはリゾートの雰囲気漂う浜名湖競艇

朝から昼まで浜名湖で稼いで、夕方から夜に蒲郡で稼げば幸せ一杯です。大体は不幸の上乗せになりますけどね。車で1時間位、電車で1時間半位の距離です。

車なら昼は招き猫がいる常滑競艇で夜に蒲郡競艇というはしごもありです。はしごまでやるようになるとギャンブル廃人が現実になってきますが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました