川口オートレース場(埼玉県川口市)レースの迫力と音を楽しむ

川口オートのバンク スタジアム

オートレースは東京では観れませんが、ほぼ東京の川口で観れます。

住所埼玉県川口市青木5丁目21−1
アクセス西川口駅(JR京浜東北線)から徒歩30分、無料送迎バス10分
南鳩ヶ谷駅(埼玉スタジアム線)から徒歩20分
ワンポイント造りの凝った特別観覧席あり。普通の特別観覧席は1000円
リンクスタジアム公式 公式ツイッター Wikipedia

観覧情報

オートレースの中心地

川口オートレース

聖地的なポジションだった船橋オートが廃止になり、名実ともにオートレースの中心となっています。

川口オートはそれに相応しい施設が整っています。

特別観覧席は2015年から2016年にかけてリニューアルされています。

場内にはオートレースミュージアムもあって競争車を間近で見ることができます。あのバイク、こんな構造になっているのかーとマジマジ見入ってしまうと思いますよ。

開催方法としてナイターもありなので寝坊しても観に行くことができます。

ちなみにオートレース場は今は全国どこでも入場料無料になりました。100円かそこらの話ですが主催者の気概が感じられます。

関東在住ギャンブラーにはぜひ行ってみてほしいところです。

特別観覧席が立派(らしい)

川口オート施設

残念ながら普通の特観席しか入ったことがないのですが...

2015年にできたピカピカのホールショットなる特観席はともかく立派という話。

下にネット上の記事を紹介しますが、なんか凄いです。

インターネット席とかカップル席とかVIP席とか、ネットカフェか!と突っ込みたくなりますが、新たな客層を獲得する努力をしています。

お値段は2500円~とちょっと高めですが、4階5階の高い位置からコーナーで競っているところを正面に観る形なので楽しめそうです。

それからロイヤルルームなんてのもあります。入室するには年会費20万円を払って会員になった上で入室料を払う必要があります。リッチな話だなぁ

普通の特観席はメインスタンドの4階5階で1000円です。ここもリニューアルされてキレイになっています。

やっぱり設備投資をしっかり行っているところには入場して投票してやろうという気になります。

特別観覧席から降りてかぶりつきで観よう

川口オートスタンド

オートレースでスカッとするにはエンジン音をしっかり堪能しないと

特観席でまったり観覧もいいものですが、それだけではなく下に降りてスタンド前方でかぶりつきでレースの迫力と音を楽しみましょう。

アクセス情報

西川口駅から無料送迎バスで。徒歩だと30分位

さすがにオートレース場ということで駐車場が1000台分近く用意されていますが、首都圏各地から集まり混んで面倒なので、鉄道の便が良いところに住んでいる方は電車移動が楽です。

京浜東北線の西川口駅と埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線の南鳩ヶ谷駅から無料送迎バスが出ています。

南鳩ヶ谷駅の方が近いですがそれでも徒歩20分はかかります。西川口駅から徒歩だと30分はかかります。無料送迎バスを使いましょう。

コロナでの入場規制は7月10日に解除されています。

寄り道情報

SKIPシティ

川口オートから北に20分程歩くとSKIPシティがあります。

オフィスや自治体の施設がありますが、その中に混じってNHKアーカイブスという施設があります。

冷暖房完備の建物で各席にモニターが設置してあって、昔のNHKスペシャルなどをリクエストして閲覧できます。開館時間は9時半から17時半で無料です。

帰路はSKIPシティ向かいの川口高校から川口駅にバスが出ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました