川口オートレース場(埼玉県川口市)レースの迫力と音を楽しむ

川口オートのバンクスタジアム

オートレースは東京では観れませんが、ほぼ東京の川口で観れます。オートの迫力は公営競技でナンバーワンです。

住所埼玉県川口市青木5丁目21−1
アクセス西川口駅(JR京浜東北線)から徒歩30分、無料送迎バス10分
南鳩ヶ谷駅(埼玉スタジアム線)から徒歩20分
旅打ちメモプレミアムな造りの特別観覧席で快適に旅打ちできる
普通の特別観覧席は1000円
関連リンク川口オートレース Kawaguchi Autorace official website

かぶりつきでの迫力観覧と特観席での快適観覧

オートレースの中心地

川口オートレース

聖地的ポジションだった船橋オートが2016年に廃止になり、川口オートは名実ともにオートレースの中心的存在でそれに相応しい施設整備がなされています。

特別観覧席は2015年から2016年にリニューアルされ場内にはオートレースミュージアムもあります。

オートレースミュージアムには競争車が展示され間近で見ることができます。あのバイク、こんな構造になっているのかーとマジマジ見入ってしまうと思います。

川口オートスタンド

開催は日中開催の他にナイター開催もあり寝坊しても観に行けます。

ちなみにオートレース場は全国どこでも入場料無料です。100円かそこらの話ですが少しでも観客を増やしたいという主催者の心意気が感じられます。

かぶりつきで音とスピードを楽しもう

川口オートスタートポジション

オートレースの楽しみはエンジン音とスピードのある走りをみてスカッとできること。まずはフェンス周りにかぶりついてその辺を堪能することとおすすめします。

レーサーが入場してきてスターティンググリッドに並ぶところをフェンス越しに見ていると荒ぶるマシンとレーサーの気合いを感じられます。

レース中はフェンス越しに見ると迫力十分ですが、少し高さがあるところから見渡す方とレースシーンと音の両方を楽しめます。

最高速度は150km/hで普通のコンデジだとブレてしまう位のスピードです。

スターティンググリッドかゴールラインがよく見えるポジションであれば無難に楽しめますが、何レースかポジションを変えて観覧して自分なりに楽しめる場所を探してください。

川口オートコーナー進入

特別観覧席は普通とプレミアムがあり

2席ずつ横に並ぶごく普通の特観席は正面スタンドの4~5階にあります。第5特別観覧席といって席料は1000円です。フリードリンクではなく場内にある普通の湯茶コーナーがあるだけです。

そして川口オートの売りは第1~第2コーナー側の1号館に2015年に出来たピカピカのホールショットなる特観席です。

モニター付で座り心地もよいスタンダートベンチシートは2人で4000円ですが、2500円で1人で利用することもできます。

その他にインターネット席とかカップル席とかVIP席とか、ネットカフェか!と突っ込みたくなりますが、新たな客層を獲得する努力をしています。

お値段は2500円~とちょっと高めですが、4階5階の高い位置からコーナーで競っているところを正面から観て楽しめます。

オートの特観席は迫力ではなくじっくりレース展開を観て楽しむ場所になります。

川口オート施設

とてつもなくプレミアムなロイヤルルーム

ロイヤルと謳いつつ実際はそれ程でもないことが多い公営競技場のそれですが、川口オートのロイヤルルームは設備も値段も立派にロイヤルです。

場所としてはホールショットの下の3階にあり、第1~第2コーナーを正面に見ます。

利用料は年会費20万円と入室時には料金3000円が必要です。リッチな話です。

入口は専用のものがあり、入場すると広々スペースでコンパニオンが給仕してくれます。西川口の隠されたロイヤルスペースです。

アクセス情報と買い出し情報

西川口駅から無料送迎バス。歩くと30分

さすがにオートレース場ということで駐車場は1000台分近く用意されています。

しかし、首都圏各地から集まって道路が混雑するので、鉄道の便が良いところから来るなら電車移動が楽です。

京浜東北線の西川口駅と埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線の南鳩ヶ谷駅から無料送迎バスが出ています。

距離が近いのは南鳩ヶ谷駅ですがそれでも徒歩20分はかかります。西川口駅から徒歩だと30分はかかります。歩くのが面倒ならば無料送迎バスで。

買い出しは駅前のコンビニにて

西川口駅前はコンビニやファーストフードがちょこちょこあります。南鳩ヶ谷駅前にも少しだけコンビニがあります。

徒歩ルートは住宅と中小工場があるだけで特段の買い出しスポットはありません。

寄り道情報

SKIPシティでNHKの過去の番組を見て懐かしむ

川口オートから北に20分歩くとSKIPシティがあります。

オフィスや自治体の施設で構成されますがその中に混じってNHKアーカイブスという施設があります。

入場するとパーテーションで区切られたモニター付の座席があり、過去のNスペなどのNHKで放送された番組をモニターで見ることができます。

冷暖房完備で快適に昔の番組をみて感傷に浸れます。

開館時間は9:30~17:30で入場無料です。月曜日は定休日です。

SKIPシティからの帰路は施設向かいの川口高校前から川口駅にバスが出ています。

埼玉といえばバッハな公営競技パラダイス

オートは公営競技の終着点的なイメージがありますが、埼玉県は4種の公営競技場が揃っているので他の公営競技で観覧したことがないものがあれば是非訪問してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました