荒川土手散歩(東京都北区、荒川区)赤羽駅から北千住駅

荒川土手神谷付近山河

旅スポットではなく、体がなまった時の赤羽近辺のウォーキングルートの紹介です。赤羽駅を出発点にしていますが東京駅や田端駅から路線バスでもアクセスできます。

楽しみどころ旧岩淵水門、蛇行する隅田川、河川敷の草サッカーや草野球をほのぼのと
ルート赤羽駅から旧岩淵水門へ
荒川河川敷を下り足立小台駅(日暮里舎人ライナー)へ
千住新橋まで進みそこで河川敷を離れて北千住駅へ
ぶら旅メモトイレは河川敷のサッカー場や野球場に設置されているので困らない
飲み物は持参するか自販機で

楽しみどころ

スタートは赤羽駅か赤羽岩淵駅から

東京23区の北部で屋外活動をして一汗かきたいならば荒川河川敷が一番の候補になります。

晴れた日に赤羽駅からスタートして荒川河川敷を散歩すると心も晴れます。

赤羽駅からはまずは旧岩淵水門に向かいます。徒歩30分ほどで到着します。水門を眺めたり中州でまったりできます。

旧岩淵水門には赤水門と青水門があり詳しくは別記事にまとめています。

水門のすぐ隣には荒川岩淵関緑地バーベキュー場があって夏は結構な人出があります。

広々した河川敷をスタスタと

荒川土手江北橋付近

水門で一休みしたら荒川河川敷を下流に向かって歩きます。

荒川河川敷は両岸とも歩いて下ることができますが、広々していて賑やかな都心側(西岸)を歩くことをおすすめします。

河川敷と土手の上には舗装された歩道があるので歩きやすく、ジョギングやサイクリングをしている人が次々にやってきます。河川敷には近所から来た遊んでいる家族連れや野球やサッカーをしている大人や子供がいます。

のどかな風景を眺めながら軽快に歩きましょう。

歩いていると隅田川が豪快に蛇行している姿も視野に入ってきます。隅田川と立ち並ぶマンションの景色を楽しむのも良いです。

トイレは河川敷のサッカー場や野球場に必ず設置されていますので困ることはありません。

隅田川蛇行
蛇行して荒川に接近する隅田川

休憩ポイントは足立小台駅か宮城ゆうゆう公園

岩淵水門から45分ほど歩くと首都高高架の手前にある 宮城ゆうゆう公園 に到着します。更に15分ほど歩くと日暮里舎人ライナーの足立小台駅に到着します。

宮城ゆうゆう公園ではベンチがあって隅田川が眺められます。疲れていれば一休みを。お店はないのであまり疲れていなければ休まず足立小台駅まで歩いてしまいましょう。

足立小台駅はすぐ隣りに島忠ホームセンター(中にOKストアやモスバーガー)とケーズデンキがあるのでトイレ休憩やクールダウン(冬は暖をとる)をしながら食料も調達して一休みしてください。

北千住の陸橋で鉄道車両を存分に鑑賞しましょう

足立小台駅を出発して30分ほど歩くと千住新橋に到着します。

そこで河川敷を離れて市街地に入るのが北千住駅への最短ルートになりますが、千住新橋を直進して鉄道陸橋の塊まで歩くのがおすすめです。

荒川土手北千住付近

陸橋は東京メトロ千代田線、JR常磐線、つくばエクスプレス、東武伊勢崎線のそれぞれが並んでいて電車がひっきりなしにやってきます。

しばしそれを鑑賞してから北千住駅に向かいましょう。鉄道陸橋から北千住駅までは15分程です。

赤羽駅を出発して休憩しつつて3~4時間のウォーキングになります。距離にして約12km位です。ゴールの北千住駅は周辺が雑多な繁華街になっているので飲むなり食うなりご自由にどうぞ。

アクセス情報

赤羽駅から岩淵水門に出て道なりに進むだけ

旧岩淵水門に辿り着けば後は土手の道を歩くだけなので迷うことはありません。

赤羽駅から北千住駅までの荒川土手の散歩時間
  • 赤羽駅~旧岩淵水門 30分
  • 旧岩淵水門~足立小台駅 60分【休憩ポイント】
  • 足立小台駅~北千住の鉄道陸橋 45分
  • 鉄道陸橋~北千住駅 15分

赤羽に戻るならば都バスで

北千住から赤羽に戻る場合は、電車ではなく北千住駅前のバスロータリーで都営バス王45系統(北千住駅から王子駅)都営バス端44系統(北千住駅から田端駅経由駒込病院)に乗れば座って帰れるので楽です。

赤羽の南側に戻るならば王45系統の王子5丁目バス停で降りれば電車を使わずに済みます。端44系統の場合は田端駅から電車になります。

王45系統は1時間に1本だけなので待つかもしれません。端44系統は1時間に3~5本あります。

東京駅からのアクセス方法は都営バス東43系統

都営バスを使えば東京駅か田端駅をスタート地点に出来ます。

都営バス東43系統(東京駅から荒川土手)は東京駅を出発して田端駅を経由しそのものズバリ「荒川土手バス停」に停車します。東京駅では丸の内北口1番バス乗り場(丸の内ホテル前)から発車します。

東京駅からバスで行けるなら便利だなと思わせつつ大事な注意点が1つ。

荒川土手バス停は荒川東岸にあるので西岸へのアクセスは手前の「宮城2丁目バス停」での下車になります。宮城2丁目バス停は休憩ポイントとして挙げた宮城ゆうゆう公園のすぐそばです。

寄り道情報

上空に現れるヘリコプターや航空機

ヘリコプター編隊飛行

荒川沿いを歩いていて自衛隊のヘリ軍団が上流から現れたことがあります。入間基地から来るのかな。

午後から夕方は羽田新航路を利用する航空機の姿も見れます。千葉県側から埼玉県域まで北進し、埼玉県上空で方向転換して羽田空港に向け南進していきます。

エンジン音が聞こえてくるので近づいてきたら分かります。

もう一つの鉄道陸橋と東武堀切駅

堀切駅

北千住の鉄道陸橋の塊の先にもう一つ鉄道の陸橋があります。京成本線の陸橋なのでスカイライナーを鑑賞できます。

そのそばの何やら窮屈なスペースに目をやると東武伊勢崎線の堀切駅があります。ついでに東武特急も間近で鑑賞できます。

荒川土手散歩その2へ続きます

江戸川区エリアの荒川土手も記事にまとめました。荒川ロックゲートから葛西臨海公園までの散歩の紹介です。よろしければどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました