荒川土手散歩2(東京都江戸川区)荒川ロックゲートと葛西臨海公園

荒川土手散歩終わり頃山河

前回の続きで荒川土手のウォーキングルートを紹介します。

楽しみどころ荒川ロックゲート、江戸川競艇を対岸から眺める
ルート東大島駅(都営新宿線)から大島小松川公園へ
河川敷を南下して荒川ロックゲートへ
少し戻って船堀橋を渡りつつ中州に入り江戸川競艇の対岸へ
荒川ロックゲートに戻りひたすら南下して葛西臨海公園へ
ワンポイント日が暮れる前に葛西臨海公園に着くように
リンク荒川ロックゲート(江戸川区Web) 葛西臨海公園(江戸川区Web)

楽しみどころ

スタートは東大島駅から大島小松川公園へ

前回は「赤羽岩淵から北千住まで」で今回は「東大島から」なので、北千住から東大島が抜け落ちていますがその区間は単調なのでワープがおススメです。

東大島駅はJR秋葉原駅から都営岩本町駅に乗り換えて都営新宿線の本八幡方面にあります。

東大島駅を降りて徒歩3分で大島小松川公園に到着です。荒川河川敷に隣接する大きな公園で河川敷には桜並木もあります。昼に着いたらここでまったりとおにぎりでも。

荒川ロックゲート。荒川区ではなく江戸川区にあります

荒川ロックゲート

大島小松川公園から河川敷に出て南下すれば10分かからず荒川ロックゲートです。

ロックゲートは船のフォークリフトというか...

荒川ロックゲートは荒川と旧中川とを結ぶ閘門(こうもん・ロックゲート)と呼ばれる施設です。ロックゲート(=閘門)とは、水面の高さが違う2つの川のあいだを船が通行出来るようにするための施設です。川と川のあいだに水門をつくって、水位を調節し、水面の高さを同じにして船を通します。

江戸川区Webより

という感じの施設です。

実際、船が通る時はおもしろいですが、なかなかそういう場面には出会えません。

そういう時は現地の案内板を眺めて、荒川=荒ぶる川を治水するために目の前の大河川に見える放水路を掘りあげたという先人の挑戦に思いを巡らすのもありってことで。

(荒川の)赤羽付近から東京湾に流れ込むまでの22km区間は洪水被害を最小限にすることを目的に人の手によって掘られた放水路なのです。

現地案内板より

江戸川競艇を対岸から眺める

江戸川競艇場対岸から

次なる訪問候補は江戸川競艇です。といっても競艇場に入るのではなく競艇場を対岸から眺めましょう。

競艇場は大体はのぞき見できないようになっていて、対岸から観れる場所はなかなか貴重です。

ルートは荒川ロックゲートから少し北に戻って船堀橋を渡っていきます。船堀橋は荒川と中川という2つの川を渡りますが、荒川と中川の間の中州に入りこみ、少し北上すれば江戸川競艇場を正面に見れる対岸に到着です。

そこで疾走するボートを眺めましょう。思いっきりタダ見ですが、中州は公共スペースなので競艇場から注意されることはありません。

おすすめは風の強い日、止まらない波に跳ねつつ疾走する姿を観て楽しめます。

葛西臨海公園 

江戸川競艇から荒川ロックゲートに戻り、更に南下して葛西橋で対岸に渡り直しましょう。

そこからしばらく歩くと河川敷の終点に着きます。

荒川河口付近の掲示板

河川敷終点から更に南下できる道を探して突き進むと葛西臨海公園に到着します。荒川ロックゲートから徒歩で1時間半程度です。

公園には大観覧車がそびえ他にも様々な施設があります。

夜に着くと何も営業しておらず寂しい思いをするので、夕方までに着くようにすると良いです。

アクセス情報

河川敷を突き進む

河川敷を河口に向かうだけなので迷うことはありません。

葛西臨海公園からの帰路は葛西臨海公園駅から京葉線で東京駅に戻れます。京葉線東京駅は東京駅本体から徒歩5分ほど離れているので乗り換え時間に注意要です。

寄り道情報

たまたま見かけたもの

自衛隊訓練

自衛隊がなにやら可動式の陸橋らしきものの設営訓練をやっていました。

河口の辺りでは夕方、夕陽の景色を堪能できます。

荒川河口の夕陽

コメント

タイトルとURLをコピーしました