<ワードプレス>前の記事をコピーして記事を作成するプラグイン

サイトのデザイン サイト制作記録

ある一つのテーマでブログを書いていると記事の構成を使い回したくなります。プラグイン Yoast Duplicate Post を使うと以前の記事を使い回して新しい記事を作成できます。ものぐさなブログライターの強い味方となります

イチから記事を書くのは面倒だ!と思ったらこのプラグインを

まず Yoast Duplicate Post をインストールして有効化。設定は不要

このブログであれば旅スポットの紹介がメインで、各記事はその場の環境とかアクセス方法とか似かよった構成になるので、いつも自分が以前に書いた記事を使い回して新規記事を作成しています。それを可能にするプラグインが Yoast Duplicate Post です。

始めにワードプレスのプラグイン一覧画面で「新規追加」をクリックして、検索窓に「Duplicate Post」と入力して Yoast Duplicate Post を見つけ出してください。

見つけたら「インストール」をクリック。インストールできたら「有効化」をクリック。これだけで導入完了です。設定操作は要りません。

記事一覧でワンクリックすれば記事を複製できます。後はそれを編集

有効化後に記事一覧を見ると「複製」や「新規下書き」という表示が出るようになります

「新規下書き」を選択すると当該記事がコピーされて新規記事の編集画面が開きますので、そのまま文章を編集して下書き保存又は公開することができます。

「複製」を選択すると当該記事のコピーが記事一覧に追加されます。コピーされた側の「編集」をクリックして編集できます。コピー側はタイトルが「複製~」となっています。間違って元の記事を書き換えないようにご注意を

投稿一覧の画面キャプチャー

下の外部リンク先で導入手順を詳しく解説しています。

外部リンク:【WordPress記事複製プラグイン】Yoast Duplicate Postの使い方

ワードプレスの再利用ブロック機能を利用してものぐさする方法

再利用ブロック機能とは

以前の記事を丸ごとコピーして書き直していくのではなく、一部だけ使い回す場合はワードプレスの再利用ブロック機能が便利です。

再利用ブロック機能とは、使い回したい記事ブロックをワードプレスに登録しておき、記事の新規作成時に登録した記事ブロックを呼び出して挿入できる機能です。

準備として使い回したいブロックをワードプレスに登録

当該ブロックを選択した状態で「詳細設定」をクリック。表示されるメニューのうち「再利用ブロックに追加」をクリックして、名前を付けて保存すれば準備完了です。

複数ブロックの固まりを使い回したい時は、CTRキーを駆使して複数ブロックを選択した状態とし「再利用ブロックに追加」をクリックして、名前を付けて保存してください。複数ブロック全体が1つの再利用ブロックとして登録されます。

登録した再利用ブロックを新しい記事に挿入

新しい記事の編集画面で再利用ブロックを挿入したい位置で、ブロック選択画面中に表示される「再利用ブロック」をクリックすれば挿入されます。その後、挿入したブロックについては「詳細設定」に入り「通常のブロックへ変換」を行ってから編集してください。

「通常のブロックへ変換」を忘れて編集すると再利用ブロック自体の編集となり、再利用ブロックが挿入されている記事全てに編集内容が反映されるので注意してください。何やら不自由ですが、再利用ブロックとは複数記事に同じ内容を載せておき一括更新を行うための機能であるので。

下の外部リンク先でこの方法をもっと詳しく解説しています。

外部リンク:再利用ブロックの使い方とブロックの複製

コメント

タイトルとURLをコピーしました