「SHIROBAKO」アニメ産業の聖地と言えば武蔵野

劇場版SHIROBAKOポスター癒しアニメと聖地

武蔵野を舞台にアニメ製作を描くアニメ。文系ヒロイン達がスポ根的なアニメ製作の世界で活躍します。

初放送と話数2014年10月 全24話(各30分)
アニメーション制作P.A.WORKS
聖地巡礼メモ武蔵境駅から西武多摩川線で調布飛行場へ
関連リンクTVアニメ「SHIROBAKO」公式サイト

働く女子のドタバタ物語

宮森あおいは駆け出しの制作進行(前半12話)

宮森あおいは高校を卒業して武蔵野アニメーション(ムサニ)で制作進行として山のような仕事を抱え時間に追われる日々を過ごしています。

同僚でアニメーターの安原絵麻は高校時代のアニメーション同好会の仲間。

目一杯ガンバル宮森を見守り支える絵麻と同僚達。

宮森が様々な場面で右往左往する姿を通して、様々な技量を持つ人が集まり力を合わせて進んでいくアニメーション制作の姿も描かれます。

癖のあるクリエーター達が巻き起こす様々なトラブルを乗り越えてアニメ「えくそだすっ!」の各話が出来上がり、制作進行として自立していく宮森の1年が描かれるのが前半12話。

上山高校アニメ同好会OB
  • 宮森あおい(CV.木村珠莉)制作進行
  • 安原絵麻(CV.佳村はるか)アニメーター
  • 坂木しずか(CV.千菅春香)新人声優
  • 藤堂美沙(CV.高野麻美)3DCGデザイナー
  • 今井みどり(CV.大和田仁美)こだわりの女子大生

新人制作デスクとなった宮森あおい(後半12話)

上司の退職もあって制作デスクを任させることになった宮森あおい。

新アニメ「第三飛行少女隊(三女)」の制作がスタートし新人制作進行も入って、動く立場から仕切る立場で一歩進んだ宮森の奮闘が描かれます。

制作デスクとしてスタッフを集め下請けともやりとりする宮森にはやっぱり次々難題が持ち上がります。

スタッフとともに難題をクリアしながら徐々に軌道に乗る三女の制作。藤堂や今井もそれぞれの将来を見据えて制作に合流してきます。

そして放送も進んだ制作終盤。遂に現れるラスボス。

最終回を完成させるべく結束を強めるムサニ。そしてずかちゃんの出番も。

後半12話は1本のアニメが出来上がるまでの苦闘や喜怒哀楽が描かれます。

実際の現場はアニメに描ききれない程もっと人間臭くドロドロしていると思いますが、アニメ制作の現場と想いを素人なりに感じられます。名作です。

公式PVでアニメのノリをチェック

公式サイトのスペシャルページでPVがたくさん公開されています。

その中で放送前に制作されてコミケで公開されたPVを載せておきます。

オリジナルTVアニメーション『SHIROBAKO』 コミックマーケット86公開PV

最終回まで見た人へのサービスってことで特別エンドロールなんてものもあります。

一人前となった宮森たちが描かれる劇場版

劇場版SHIROBAKOキービジュアル

駆け出しの時期は過ぎ、一人前となって1本のアニメを作り上げる、劇場版アニメではTVアニメの数年後が描かれます。

ひとり立ちした絵麻やずかちゃんの姿も見れます。

ヒットに気をよくして思いっきり労力が注ぎ込まれた良作なので必見です。

でもちょっともうロードショーは終わってしまいましたね。

アニメ制作の流れと用語

宮森制作デスクの活躍を通して描かれたアニメ制作の流れを公式サイトが絵にまとめています。

アニメに出てきた制作進行表も載っています。

アニメ制作用語集なんかもあってアニメ好きは公式サイト必見です。

聖地は武蔵野の武蔵境

武蔵野界隈

  • 武蔵境駅(駅ナカ、駅前)
  • エミオ武蔵境(西武側の駅ビル)
  • すきっぷ通り(商店街)
  • パティスリーウルソン武蔵境店(洋菓子屋) 他多数

武蔵境駅周りは頻繁に映ります。

ゴスロリ様のバッティングセンターはなくなってしまいました。あのバッティング&ピッチングシーンは実に印象的なので残念。

他のアニメ制作会社も登場し、JR中央線の吉祥寺や阿佐ヶ谷の景色も映ります。

他は調布飛行場と秋葉原

調布飛行場2
  • 調布飛行場とプロペラ機(三女のロケハン)
  • 秋葉原UDX(IDEPON展)

武蔵境駅から西武多摩川線に乗って調布飛行場を観に行けます。多磨駅で降りて徒歩30分弱です。

全国にSHIROBAKOを運ぶシーンがあって佐渡TVが出てきますが、新潟のどこをロケハンして描いたのか残念ながら分かりませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました