神保町ぶらぶら(東京都千代田区)古くて新しい学生街を散歩

神保町街角街角

明治から学生が集まりやがて新旧の専門書を扱う書店の街へ発展した神保町。ネットの発達で書店が店じまいして学生向けの飲食や生活雑貨の店に入れ替わり、街の雰囲気が学生街に回帰しつつあります。

そんな神保町を東西南北に歩いた後、すずらん通りを歩いて交差点に戻るまで散歩します。

住所東京都千代田区神田神保町
アクセス神保町駅(都営三田線、都営新宿線、東京メトロ半蔵門線)から徒歩1分
ぶら旅メモ神保町交差点を中心に東西南北に歩く
最後はさぼうるかボンディで食事を

まずは神保町交差点の位置を確認

神保町交差点の真下に東京メトロと都営地下鉄の神保町駅があります。

神保町は東京メトロでも都営地下鉄でもどちらでもアクセスできる便利なところです。

神保町交差点の北にはJR中央線の水道橋駅があるのでJRでも簡単にアクセスできます。

神保町交差点の岩波ホール前から散歩スタート

歴史ある岩波ホール

神保町交差点は南北に白山通り、東西に靖国通りが交差しています。

南西の角に三菱UFJ銀行やSUIT SELECTが入る10階建ての岩波神保町ビルがあり、その最上階が岩波ホールです。目立たない存在ですが歴史あるミニシアターです。

10階まで上がると映画を観たくなるので、1階入口のポスターを眺めるだけにして散歩開始です。

神保町交差点
神保町交差点のガードレールには本

【南へ】竹橋方面には昔の学生街の名残り

東西南北といいつつまずは南へ。出版社のビルと大学のキャンパスが並ぶ通りになります。

岩波神保町ビルの南隣りに救世軍本営も入居する有斐閣があり、隣に集英社と小学館が並んでいます。集英社の裏手には岩波書店の本部。

普通のオフィスビル群ですが大衆から意識高い系までカバーする日本出版界の中心地ってことで周りを見上げながら歩きましょう。

その先は東京メトロ竹橋駅までつながっていますが、小学館のところの交差点で対面に渡ってください。そこにチェックすべきモニュメントがあります。

日本野球発祥の地

「日本野球発祥の地」のモニュメントです。学士会館の隅のスペースにあります。

巨人の星のOP(古くてすみません)を思い出させるボールを握った手の像が飾られています。

明治初頭、東京大学の前身の学校がこの地にあり米国人教師ホーレス・ウィルソンが学生に野球を指導したのが日本の野球のはじまりとの話。

神保町は明治には学生街になっていてカルチャーの発信源だった証になります。

像をみたら交差点に戻ってください。

【西へ】 神田古書センターと芳賀書店へ

神田古書センター

南をみて戻ってきたら西へ。交差点から西は古書街の中心地になります。

すぐに古書店街のランドマーク、神田古書センターの前に来ます。

センターは多くの古書店が入居していますが、EPやLPの世代は最上階の富士レコードで昔持っていたレコードを見つけて感傷に浸れます。

神田古書センターの西側の3階建ての年代物の建物(アイキャッチ画像の建物)は大正時代創業の矢口書店と古賀書店です。

矢口書店には映画関係の貴重な品が並びます。

芳賀書店

更に歩くと地下鉄入口の横にエロ紳士なら誰しも名前を知っている芳賀書店があります。

一時は神保町で書店を凌く勢いだったアダルトビデオショップはネットの発達でほぼ消滅し、筆頭的存在だった芳賀書店も今ではここしか残っていません。

芳賀書店をみてあの頃は若かったなぁとか思いながら交差点に戻りましょう。

【北へ】水道橋駅までの通りは現代の学生街

南西と来て、次は北に向かいます。

水道橋駅までつながるこの通りは一昔前はAVショップと古書店の通りでしたがAVショップはほぼ消えて古書店もじわじわと消えつつあります。

そして空いたスペースに飲食店と生活必需品のお店が入居して今は付近の大学キャンパスの学生がたむろするエリアに変貌しています。

やよい軒や神保町食肉センターといったお腹一杯になれる飲食店が揃い、100円ショップやQBハウスもあります。

水道橋駅に着いたら、そのまま進むと後楽園に行けますが、今回は神保町散歩ということで出発点の交差点に戻ります。

【東へ】書泉グランデからブックマート跡地へ

書泉グランデ

南西北を回ったので最後は東です。

こちらは書泉と三省堂のエリアってことで、まず書泉グランデをのぞいてみてください。鉄道、アイドルその他諸々のオタク趣味のディープな新刊が揃っていてクラクラするかもしれません。

更に歩くと三省堂の風格漂う建物。

三省堂を通りすぎて道なりにカーブするとABCマートがありますがそこに以前は書泉ブックマートがありました。

アイドル本とアニメ本の旗艦店だった書泉ブックマートの閉店は、趣味の本のメインストリームがリアルからネットに移行した現れと言えます。

【すずらん通り】三省堂から東京堂書店へ

三省堂まで来たら来た道を戻るのではなく、ABCマートと三省堂の間に神田すずらん通りに入って交差点に戻りましょう。すずらん通りには新刊を扱うお店を含めて多くの書店が残っています。

ABCマートから少し歩くと東京堂書店が見えてきます。

東京堂書店

カフェを併設する新鋭書店に見えますが明治23年創業で100年以上の歴史があります。

時代に合わせて進化し繁盛を続けるお店のモデルといえます。向かいのオシャレな建物にはダイソーが入居し現代チックな街並を構成しています。

神保町交差点が近づくとビルの2階に荒魂書店が見えます。

荒魂書店と八幡山のカルチャーステーションはアイドルもの古本屋の双璧ですが、アイドルが地下だったりローカルだったりに分散して営業における書籍のウエイトは落ちているので今は厳しい状況かもしれません。

南→東→北→西→すずらん通りを踏破すれば、出版社、古書センター、芳賀書店、学生街、書泉、三省堂、東京堂と神保町を一通り散歩したといってOKです。

【おすすめの飲食店】散歩の後には栄養補給

神保町には山ほど飲食店がありますが散歩後の食事に合ったお店を3つ紹介しておきます。

欧風カレー
ボンディ
芋が付いてくる欧風カレー
神保町交差点から徒歩1分。神田古書センター2階。入口はビル裏
年中無休。営業時間11:00~22:00(まん防期間は20:00まで)
三幸園街中華。日替わりでも麺でも炒飯でも何でも
神保町交差点から徒歩1分。岩波ホールの向かい。目立つ看板あり
土曜定休日。営業時間11:00~26:00(まん防期間は20:00まで)
さぼうる古き良き喫茶。お好きな軽食を
神保町交差点から徒歩1分。交差点の廣文館書店横の細い道
日祝定休日。営業時間9:30~23:00(まん防期間は短縮)
欧風カレーボンディの開店時の行列
ボンディの入口は古書センターの裏。休日の開店時は行列

神保町の昔と将来

神保さんという旗本が昔住んでいました

明治に学生街となった頃から書きましたが、更に昔の話は神保町交差点の北東コーナーの案内板に書かれています。

関東大震災の区画整理の際に西神田一丁目と神保町一丁目に町名が変わりました。神保町という町名は江戸時代に神保長治という旗本が住んだことに由来しています。

千代田区による現地案内板より

その昔は猿楽町と呼ばれていたとか、それは何故かとか案内板に書かれていますので関心があれば散歩の際に足を止めて読んでみてください。

ネットが発達しても生き残るリアル店舗は

古本、アダルトビデオ、アイドル書籍などはネットで探す方が効率的で街角から消えつつある様子が神保町ではっきりと見てとれます。

空いた店舗には飲食店や雑貨屋のお店が入っています。

趣味の世界はネットに移行し、衣食住はまだリアル店舗が中心という姿ですが、コロナで食のデリバリーが拡大していて衣食住の世界も安穏とはしていられない状況です。

神保町には大学キャンパスが複数あり学生が集まる街であることは変わりません。

そこに集まった学生たちがネットとリアルの買い物をどう使い分けるのか、それによって神保町の街並は変貌し続けると想像されます。

スポーツ用品店や楽器店に寄り道

御茶ノ水のスポーツ用品店街

黒沢楽器とゼビオ

三省堂のカーブの交差点に黒沢楽器店とスーパースポーツゼビオがあります。

ゼビオ側に進むとヴィクトリアなどスポーツ用品店が並ぶ通りになります。

スポーツ用品店は見て楽しむ感じではありませんが、散歩ついでにシューズなど見てみようかと思ったら是非どうぞ。

御茶ノ水の楽器店街

御茶ノ水楽器街

三省堂のカーブの交差点を黒沢楽器店側に進むと楽器店街があります。カーブから5分程歩きます。

ギター、ドラム、何故かウクレレ専門店なんて店があります。ショーケースや売り場に楽器が並ぶ様は派手で見ていて楽しいです。

その先にJR御茶ノ水駅があるので帰り道に寄り道できます。

西へ真っ直ぐ北の丸公園へ

神保町交差点から西へ向かい芳賀書店を通り過ぎて、更に7分歩くと九段下駅と北の丸公園の入り口に到着します。

北の丸公園は周りを囲む濠(千鳥ヶ淵)の桜がキレイで園内には日本武道館もあります。

オリンピックに伴う立ち入り制限があるため入園できるのは2021年9月7日以降になりますが、街の散歩のついでに公園の散歩はいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました